癒しフェア2023in大阪出演決定

2023年4月22.23日、梅田スカイビルで開催される「癒しフェア2023in大阪」に出演が決定。詳細は下記URLにアクセスくださいませ。

【無料講演】人生100年時代に求められる統合医療とその教育の必要性

日本には国民皆保険制度という世界に冠たる医療制度がありますが、このためか日本国民は健康増進への意識が高い方ではなく、健康維持に努めるどころか通常は放置状態で、健康を損なった場合に医療者に依存すればよいといった傾向が強い状況です。
その結果国民医療費は増大の一途をたどり、このままでは日本は破綻してしまいかねません。
人生100年時代を迎え、高い医療水準と医療技術で治す医療から高い幸福度やQOLを実現する癒す医療が求められています。それをいち早く見越した欧米ではこの理念を含む統合医療が盛んにおこなわれるようになってきています。
根拠に基づく医療Evidence-based Medicine(EBM)は人工知能に凌駕される日が来ることは明らかであるが、統合医療の実践に用いられる補完代替医療は科学的根拠に乏しく、まさに人間の医療者にしかできないのです。
価値観や人生観、死生観まで理解できるのは人間だけだからです。
慢性疾患が増え、在宅医療の拡大が図られる中で、限られた医療資源を適正に配分し、多くの患者が恩恵を受けられるようにするには統合医療がもっとも適しています。

ところが、日本では医学界や行政が統合医療と積極的に取り組んでこなかったため、統合医療の正しい実践がなされず、さまざまな民間療法が野放し状態となり、これに依存したいわゆる癌難民などの被害者もあとを絶ちません。
統合医療を体得し、理解できる人材を養成するには高度の大学院教育が必要です。
行政による規制が進まない現状で、統合医療という概念が日本に浸透し、国民を守るには、正しい知識や実践方法などを、医師も含めた提供者に教育することが急務です。

とはいえ、これまで、日本には補完代替医療を総合的に学べる高等教育機関はありませんでした。
2022年4月、神奈川歯科大学大学院に統合医療学講座が誕生し、日本初の高等教育機関による統合医療教育が始まりました。その現状などについて述べます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
日程:4/23 (日) 10:30~11:30
参加費:無料
会場:癒しフェア2023 in大阪 展示会場内
ーーーーーーーーーーーーーーー

癒しフェア2023in大阪オフィシャルサイト>>

関連記事

  1. 日本オーソモレキュラー医学会『JSOMウェブメディア』に川嶋先生の原稿が紹介

    2022-09-12

  2. 5月11日TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」に出演

    2023-05-12

  3. NHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」に川嶋先生が出演

    2023-07-30

  4. 新生/意識科学研究会 2022年2月講座(2/19日開催)

    2022-02-17


神奈川歯科大学大学院統合医療学講座

神奈川歯科大学統合医療学講座で医療哲学を務める講師の先生のFB

プレジデント
 

ページ上部へ戻る